パークシティにお住まいなら、誰でも陶芸ができます


陶芸を楽しみませんか?

自分の好きなちゃわんを作ってみたり、カップを作ったり、陶芸は誰にでも楽しめる趣味です。もちろんはじめての人でも大丈夫。月に一度講師の先生がくるほか、ベテランの会員が手助けします。→活動内容

陶芸くらぶって?

パークシティ溝の口が建設されてすぐに、陶芸用の施設ができました。パークシティには陶芸用の窯があり、土づくりから、焼きまですべてが敷地内で完結し、手軽にできるのもメリットです。→くらぶの歩み

活動を紹介します

陶芸くらぶの日々の活動や、イベントのお知らせなどを紹介します。また陶芸についての基礎知識などの役立つ記事も掲載しています。陶芸について知りたいことがあれば→お問い合わせ・活動ブログへ


主な活動

陶芸くらぶはパークシティ溝の口内で運営されている、有志による陶芸サークルです。

電気窯のほかに、電動ろくろ3台、土練り台、釉薬、粘土などの必要な道具がすべてそろっているため、すべての行程が施設内で完結するのが大きな強みです。

現在は月に一度、宮崎恭子先生にきていただき指導を受けることができます。メンバーは開設当時から活動しているメンバーも多く、わからないことはメンバー間で教えてもらうことができます。活動日は週に4日ありますが、自分のスケジュールで都合のいいときに参加しています。メンバーは女性がほとんどで男性は一人。上は90歳代の方がいるなど幅広い年代の方が活動しています。

一般の陶芸教室とは違い、メンバーが個々に自由な作品づくりをしているのも特徴です。